正しい角質ケアのやり方を身に付けましょう

「角質ケア」と聞くと、皆さんは体のどの部分を思いつきますか?顔ですか?足の裏ですか?ヒジやヒザの角質ケアも外せませんよね。

ですが、角質ケアというのは正しい方法でおこなわないと、角質がさらに硬くなったりゴワゴワとしてしまったりと逆効果になってしまいます。

「何となくこうやってケアをしたら良さそうだな」といった感じでおこなっていると、角質の状態がどんどん酷くなってしまいます。

角質ケアをする前に、まずは正しいやり方を身に付けると同時に、どうして角質が出来てしまうのか・・・その原因についても理解しておきましょう。


新しい記事の一覧

角質ケアをするときに気をつけたいこととは?

角質ケアをするときに気をつけたいこととは?


角質ケアでヒジの黒ずみを取り除こう

角質ケアでヒジの黒ずみを取り除こう


ヒザの角質ケアをして素足を思いっきり出そう

ヒザの角質ケアをして素足を思いっきり出そう


正しいかかとの角質ケア方法

正しいかかとの角質ケア方法


角質ケアはどうして必要なのでしょうか

角質ケアはどうして必要なのでしょうか



角質が出来る原因

さて、角質ケアですが、まずはその前に角質が出来る原因について理解をすることが重要です。いくら一生懸命ケアをしていても、原因を取り除くようにしなければ、ケアをしても意味がありませんよね。

出来るだけ角質が出来ないようにする必要があります。例えば、薄着の時期になると気になるヒジやヒザのカサカサした角質です。

たまに見かけるのですが、ヒジやヒザが黒くてカサカサしている人がいますが、キレイな洋服を着ていたりしっかりとメイクをしていても、急に受けるイメージが変わってしまいますよね。

自分もそうならないためにも、しっかりと原因を突き止めておきましょう。では肝心のその原因ですが、ヒジやヒザは摩擦などの刺激を受けやすい場所なので、皮膚がその摩擦からお肌を守ろうとします。そのため、角質がだんだんと硬くなっていってしまうのです。

ヒジやヒザの黒くてカサカサとした角質が気になると言う人は、ヒザ立ちや肘を付いた姿勢を頻繁に行っている可能性があります。

次にかかとの場合ですが、体重を足の裏全体で支えているので、どうしても圧力がかかってしまう場所です。さらに靴下やストッキングからの摩擦や、素足にサンダルを履くことでお肌の水分が奪われていってしまいます。

もちろん他にも原因がありますので、各部位の原因やケア方法をしっかりと勉強しましょう。